プロフィール

自己紹介

はじめまして、東京都内にある某ウェブ制作会社に勤務している現役ウェブディレクターの「たーさん」と申します。

業界歴はかれこれ約10年以上になります。

現在、業務で培った経験や技術を活かし、空き時間を使っていくつかの仕事を副業として請け負っています。

副業の強みとは

最近はネット上で業務の受発注をできるクラウドソーシングサービスが充実してきていますが、多くのサービスはまだフリーランサーを対象としたものです。

フリーランサーの強みは何といっても、「時間をフルに活かせること」でしょう。

一方、我々副業組は対応できる時間に制限はありますが、企業で働いているからこそ提供できる以下のような強みがあります。

・最先端の知識・技術
・総合的な提案力

フリーランサーにお仕事を依頼した経験のある方は既に感じているかもしれませんが、フリーランサーというのは、ホームページ制作ならばホームページ制作だけ、集客については依頼者が提示した検索キーワードをサイトのメタタグにちょろっと設置して終わりといった場合も少なくありません。

フリーランサーが(企業から)仕事を受注するためには、ひとつの能力に特化して磨いてゆくのが効率的ですから、これはやむを得ないことです。

ただ、この場合、制作を取り仕切るウェブディレクター役は依頼者側が担当しなければなりません。

全体的な集客戦略を立て、サイト制作はAさんに任せ、記事の制作はBさんに任せる、それを取り仕切れる人がいなければうまくはいかないわけです。

大きな企業であれば、自社にディレクターがいる場合が多いのでよいのですが、ウェブディレクターがいない比較的小規模な事業者の場合には、このようにフリーランサーをうまくコントロールすることは大変難しい仕事となるでしょう。

副業組に仕事を依頼するメリット

profile1
副業組のポジショニングマップを作るとしたら上図のようになります。

ウェブ制作や集客について、これまで依頼できる対象というのは、主に「制作会社」か「フリーランサー」かの二者択一だったと言えます。

「制作会社」は総合的な提案をしてくれますが、その分制作料金はかなり高額になります。

一方で「フリーランサー」は制作料金は格安ですが、総合的な提案ができず、基本的には自分の管轄外の仕事についてはノータッチです。

そんな中、副業組(プロデューサー・ディレクタークラス)はちょうどこの中間の位置づけで仕事ができるということになります。

ウェブについてあまり知識のない事業者の方にとって、これは新しい選択肢と言えるのではないかと思います。

スキルと実績のご紹介

また、本業に影響するため公開できる情報に限りがあって恐縮ではございますが、以下に私がこれまでに経験してきた主な業務と、保有するスキルについて簡単に記載をさせて頂きます。
 

【主なスキル】
・SEO対策
・Webサービス企画・提案
・プログラミング(PHP・Javascript・JQuery)
・コーディング(HTML5/CSS3)
・デザイン(Photoshop)

【業務経験】
・ウェブサービスの企画立案(携帯キャリア向けの公式サイト等)
・ウェブシステム構築(映画配給会社のVODシステム、ECシステム等)
・ウェブサイト及びウェブショップの制作(保険会社、美容系ネットショップ等)

 

結び

ご依頼される方としては、やはり「時間に融通が効きづらい」というのが不安要素になるものと思いますが、この点は事前にしっかりとスケジュールを共有することでカバーできるものと考えております。

もしご興味のある方はご相談ベースでも構いませんので是非お気軽にお問合わせ下さい。

サイト上に掲載されていない業務につきましても、できる限り前向きに検討させて頂きますので、まずはお問合わせからご相談を頂ければと思います。