始めるなら早い方がいい!?システムエンジニアのための副業のすすめ

By | 2016年8月28日

はじめに

systems-engineer
システムエンジニアって、響きほど待遇のよいものではないですよね。

実は私自身、大学を出てはじめて就職した会社ではハードウェア系のシステムエンジニアをしていたわけですが、とにかく給与は低かったですね。

給与は上がっても1年の数千円、勉強して資格を取るとぐっと上がったりするので周りは仕事をせずに資格の勉強をするという意味のわからない状態になっていました(笑)

私は早々にハードウェア系のシステムエンジニアには見切りをつけましたが、大学の同期なんかは今でも派遣社員として大企業のエンジニアとして働いて、今でもプライベートな時間を使って必死に資格を取る勉強をしているそうです。

エンジニアがある程度の年齢でもプレイヤーとしてやってゆくには、資格などで武装してやっていくしかないのかもしれません。

意外と悪いシステムエンジニアの待遇

shutterstock_211364203-e1424721531182
システムエンジニアも大企業の管理職クラスまで行けばよいですが、平社員止まりだったり、派遣や下請けの場合には将来の不安があります。

いくら頑張ってもポジションは与えられないわけですから、とにかく自分の労働力を消費する一方です。

基本的に派遣や下請けは真っ先にコストダウンされる対象ですから、なかなか余裕のある生活もできず、気づいたら年をとって何も残ってなかったなんてことになりかねません。

会社はエンジニアを守ってはくれない

woman-leaves-office
日本人というのは勤勉なので、とにかく真面目に会社のために働きます。

そして頭の奥にはどこかで会社だって困ったときは自分のことを助けてくれるだろうという甘い期待があります。

しかし、いくらあなたがそう期待して会社に尽くしたところで、あなたが何らかのやむを得ない事情で会社に貢献できなくなった場合、会社はあなたのことを助けてはくれないでしょう。

それが現実なのです。

それなのに、あなただけが会社に対して誠実である必要があるのでしょうか?

サラリーマンからビジネスマンへ

11
基本的に会社に依存する生き方というのは、早めに脱した方がよいと思います。

生活のため、家族のために、会社に生き残ろうとすれば、例え最低な上司であっても彼の気に入るように振る舞わなければなりません。

しかし、本来ビジネスにおいてこういった主従関係は全くのムダです。

私はサラリーマンという言葉は嫌いですが、その理由はまさにサラリーマンという言葉がこういった従属関係を示唆しているように感じるからです。

本来、会社と社員、上司と社員というのは全く対等な関係であるべきですが、残念ながら日本の会社の(特に中間管理職)ではここの意識が欠落している人間が非常に多いように思います。

しかし、会社を変えようと思ってもこれはなかなか難しいですから、そこはある程度見切りをつけてしまって、自分の力は他で試すべきです。

自分の能動的な行為で何かがよい方向に変わってゆくということを体験するのは、人生において本当に大切なことです。

特定の会社内においてサラリーマンでいることは構いませんが、人生全体においてはビジネスマンであるべきだと私は考えます。

システムエンジニアは儲かる

business, people, success and fortune concept - happy businessman with heap of dollar money in office
ハードウェア系は設備がないとできないことが多いですからなかなか制限がありますが、ソフトウェア系のシステムエンジニアの仕事は山程あります。

中小企業は自社で開発できるだけのリソースがありませんから、外注のニーズは確実にありますし、外注するにあたって費用は当然重要視します。

であれば、何かとお金を取られる会社よりは、信頼できて比較的安価で対応してくれる個人にお願いしたいというニーズもやはりあります。

システムエンジア系の業務の単価は非常に高額です。

下手をすると大きな案件を数件受注すれば、それで一年間生活できるくらいの報酬を得られる場合だってあります。

しかも一度作ったら、今度は保守をお願いされて毎月固定の収入が得られる場合だってあります。

デザインのような単価の低い仕事では、とにかく数を来なし続けなければなりませんから、システムエンジニアはその気にさえなれば大変稼げる業種だということができるでしょう。

仕事の受注の仕方

Businessman meeting with clients
仕事の受注は最初はクラウドソーシングサービス(エンジニア系ですとランサーズなんかが有名ですね)で行うのがよいでしょう。

受注のコツをひとつ教えると、まずは無料で相談に乗ることです。

クライアントの立場に立って考えればわかることですが、高額の仕事を発注する場合、クライアントは大きな不安を抱えています。

「この人にお願いしてもし失敗したら・・・」

当然ですよね。

こういった状態で仕事を発注するのはギャンブルです。

信頼できる知人の紹介でもない限り、仕事を頼む気にはなれないでしょう。

しかし、比較的少額の取引や無料相談の場合には、クライアントも失敗のリスクを許容できる場合があります。

そして、ここでお金にならないからと適当に対応するのではなく、とことん親身になって対応をすると、クライアントはあなたのことを信頼するようになります。

そうすると次に大きな取引を任せてみようか・・・となるわけです。

非常に単純なことなのですが、これは多くの人が見逃している点です。

さいごに

是非あなたも今から副業にチャレンジしてみては如何でしょうか?